Rapport Rapport





 酸素の必要性 


人の脳の重さは体重の2%ほどですが、脳が酸素を消費する量は全体消費量の25%にもなります。また脳は酸欠に最もデリケートで壊れやすく筋肉のように酸素を蓄積できない器官なので、心肺停止になって酸素を運ぶ血液が止まれば、脳細胞は酸素が途絶えた瞬間に活動を停止し、2分以上の経過で破壊を始め意識不明の仮死状態に陥ります。
亀戸の美容院ラポール

 酸素の効果 



自律神経の安定

血中の酸素の濃度が上がると、血管の内壁に付着した不純物が流され血液を清浄します。そのため血圧を調整する神経に良い刺激を与える効果を発揮し自律神経が安定するのです。この自然な本来の状態こそが体の各臓器の動きや、分泌機能に正常に 信号を送ってくれるので心身の安定が図れるのです。これが体の調子が良い、従って心も安定しているという基本の状態です。


集中力を維持する

酸素が不足すると脳は活動が鈍くなります。とくに頭を使う場合には眠気などの障害が妨げとなり思考能力の低下とともに集中力も途切れがちになります。酸素を十分行き渡らせることで脳の活動がアップする効果が期待できますので深呼吸で全身に血液を巡らせましょう。酸素カプセルをスポーツ選手が利用する一因に本番前の集中力を高める効果を狙っているという理由があります。


心理面でのリフレッシュ効果

屋外の特に自然がたくさんの場所に開放感とともに空気が美味しいと感じることがあります。これは森林浴の効果で植物が多く排出する酸素によるものです。よくタコ部屋という言葉を使いますが締め切った部屋というのは酸素がかなり不足している状態にあるため心もよどみがちになりますので、空気の入れ替えをして酸素を多く取り入れることを心がけましょう。


作業効率のアップ

集中力とも関係するのですが、作業効率も酸素が不足すると効率が非常に悪くなるものです。人が多い密閉された作業場ではやる気が低下し作業効率が落ちるため、換気を心がけなければいけません。オフィスに観葉植物を置いたり換気をこまめにする、 空気の循環を良くするための換気システムがあると作業の能率も上がるのです。


疲労回復効果

よく有酸素運動と言われますが、体のすみずみにも酸素は必要です。血液に乗って運ばれる酸素のおかげで運動のエネルギーに消費され役目を持っています。酸素は筋肉に取り込まれるため運動後や試合中に酸素を吸うと老廃物の酸化分解を助けるためです。


ホルモンバランスが整う

ホルモンバランスの乱れは治療が困難です。脳に酸素が行き渡らないとホルモンが正常に分泌されません。ホルモンとは体の特定の器官の動きを促進、制御するための情報伝達をする重要な物質ですので、酸素不足は万病の元と言ってもいいでしょう。


発汗や利尿作用が活発に

同じ運動でも有酸素運動では発汗の効果がのぞめますので、汗の量の違いやトイレの近さに驚く方も多いのです。また酸素をたくさん取り込むことで血液循環が良くなり体内の老廃物が運ばれて排泄するという形で体外に出て行きます。水分を十分摂取し有酸素運動をすることは体の中の汚れが薄まりキレイになるというイメージです。


記憶力がアップ

酸素を吸うと記憶力が15%アップし、その真逆で酸素が脳に不足すれば記憶力が低下します。脳の活性が高くなると五感の感受性も上がり刺激情報量が増えて、脳がより活発化し記憶中枢を刺激するのです。物忘れがひどくなる認知症は老化とともに五感の感受性が鈍くなっている要因があるため有酸素運動により有益な効果があります。


疲れにくい体になる

心臓と肺の機能が高まると疲れにくくなりますので、酸素を有効に体内に送り込む有酸素運動が効果を発揮します。有酸素運動を繰り返すと毛細血管が発達して血流が良くなって血液が低下し、コレステロールなどが排除されるので心肺機能が高まり疲れにくくなります。


効率よくダイエット

脂肪分解成分の酸素の一種である、リパーゼは酸素不足になると活動が少なくなります。リパーゼは分解した脂肪を、エネルギーを必要とする筋肉などに運び消費サポートする役割を持っています。酸素を多く取り込むと、体内のリパーゼが活性化して余った脂肪をより分解して必要なところに運んでいってくれます。



フェイスブック

ブログ

求人募集